JPHACKS2015でWorldChallenge部門賞・Sony賞いただきました!

タイトルどうりJPHACKS2015に出場し、賞をいただきました。

JPHACKSは去年も出たのですが去年は決勝にも残ることができませんでした。今年は去年の悔しさを晴らせた感じで最高の結果でした。去年とはぜんぜん違うメンバーで大学の同期2人と同じ大学の芸術系の後輩と出場しました。また、去年のメンバーが他チームにいたりもしました。自分たちは健康管理系アプリケーションでEye-etというものを作成しました。

内容としてはSony様からSmartEyeGlassをお借りすることができたのでそれを使用して見た物のカロリーが視界内に常に表示されることでダイエットができるというものです。

SmartEyeGlass

SmartEyeGlass

Image

利用イメージ

イメージとしてはこんな感じです。

Devpost

Github

IoTデバイスのハックは初めてだったのでわからないと思いつつもリファレンスを読み込んで作りました。自分はカメラや通信の担当でJavaの通信ライブラリがRuby on Railsと相性が悪くって通信できなかったりとかそういうところに時間を取られました。もう少し早く外部ライブラリに頼っていれば・・・

ハッカソンから2週間後に開催されるファイナリストに選ばれただけでも嬉しかったですが、Sony様から企業賞をいただき、WorldChallenge部門賞もいただけてなにがなんだかわかんなくなるぐらい嬉しかったです。

Academic部門も友人(去年のチームメイト)のチームがグランプリを獲得していて嬉しさ2倍です。

内容も結果も最高のハッカソンでした。

運営やスポンサーの皆様ありがとうございました!

_DSC4236

デザイナーのチームメイト

_DSC4235

サーバーサイドのチームメイト

IMG_3203

Githubのファウンダー、スコットさんと

_DSC4244

SmartEyeGlass,UI担当のチームメイト