Macのクリーンインストール忘備録

Macの調子が悪くなってきたのでクリーンインストールを行いました。
これはその忘備録。次回からもっと楽に行えるとGood。

大まかには次の手順。

  1. バックアップ
  2. クリーンインストール
  3. 復旧作業

1. バックアップ

全体をTimeMachineを使ってバックアップする。これはとりあえずしておけばおk。
バックアップをするときにFinderで隠しファイルが見えると楽.ということで以下.

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
$ killall Finder

戻すときは

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE
$ killall Finder

次に大事なファイルをバックアップ。もしTimeMachineに不幸な事故があっても大丈夫なように。

僕がバックアップしたのは、

  • .emacs.d(viな人はviなファイルをバックアップするといいよ)
  • shell関連(.zshprofile, .zshrc, .bashprofileなど)
  • 消すといろいろやばいファイル群
  • Lightroomのカタログファイル
  • AndroidStudioの設定ファイル(AndroidStduioを起動してExport)
  • brewのリスト(この機会に精査)
  • ssh関連ファイル(重要, 鍵関連なくすといろんなところにアクセスできなくなってつらい)
  • sublimetextにインストールしていたファイル
  • CyberDuckのブックマーク

バックアップしてなくて後悔したのはこちら

  • Xcodeのキーバインドファイル(キーバインドを変にカスタマイズしてたから)
  • iTermの色設定ファイル(色味が変わった気がして心休まらない)
  • Slackのチーム一覧(まぁもう使わないチームもあるしいっか)
  • BetterTouchToolの設定ファイル
  • 直前に張り付けてたポストイットの内容
  • Mail.appの署名ファイル
  • ローカルで保存してる証明書
  • プリンタの設定

2. クリーンインストール

なんかクリーンインストール前に「Macを探す」とかを無効にしたほうがいいらしい.(し忘れた)
COMMAND+Rを押しながら起動.
ディスクを消去してからクリーンインストールを選択する.
←軽度の不良ならディスクを消去せずにインストールしてデータを移行的なことができるらしい.
BootCampでWindowsをインストールする可能性がある場合,FireVault(ディスクの暗号化)をオンにしない.

3. 復旧作業

1. メールの復旧
インターネットアカウントを入力.
メールがないと認証できないソフトもあるのでとりあえずメールを復旧する.
カレンダーなどもここでとりあえず設定しておくといいかも.

2. Homebrewのインストール
Homebrewをインストールするためには,xcodeのコマンドラインツールが必要なので先にそれをインストールします.
iTermがどうしても使いたい勢はここでiTermをインストール.
homebrewからコマンドをコピペしてインストール.

$brew doctor
$brew upgrade
$brew update

とりあえずこの3つのコマンドを数回繰り返す.

3. バックアップしていた.emacs.dや.zshrcなどをホームディレクトリに戻す.
.sshを戻さないとGithubの暗号キーがなくてクローンできなかったりします.
.emacs.dを戻さないとemacsがまともに使えなくて辛かった.

4. AppStore配布のアプリを入れる
重いアプリとかゲームは後回しで.

5. TeX関連のインストール
MacTexをダウンロード,インストール.
Tex関連のアップデート

$sudo tlmgr update --self --all

GUIの方でもアップデートを行う.
次にTeXの日本語フォントの設定

$ cd /usr/local/texlive/2016/texmf-dist/scripts/cjk-gs-integrate
$ sudo perl cjk-gs-integrate.pl --link-texmf --force
$ sudo mktexlsr
$ sudo kanji-config-updmap-sys hiragino-elcapitan-pron

6. SublimeTextのインストール
パッケージコントロールをとりあえずインストール(ctrl+`でコンソールが開く)
SublimeTextの設定の続きはリンク先に.
パッケージはとりあえず
ConvertToUTF8 と LaTeXTools

7. 大型パッケージソフトのインストール
Adobe, MSofficeなどはインストールのキューを投げて一旦寝ましょう. MacTexも長いので寝たほうがいいかも.

8. こまごましたパッケージのインストール
percolとかないと困るけど,必須ってほどでもないものを詰めていきしょう.

 

 

参考リンク集:
percol
zshのチュートリアル
Pythonのインストール